外に出よ~っと!

Yahooブログの閉鎖に伴い引越してきました。

2018年 宮崎ツアー1日目

愚息が九州に赴任して6ヶ月目。
もう一度行きたいと思っていた『阿蘇』『高千穂』に、愚息部屋をベースキャンプにして 安く プランニングしようと検討。
高千穂は6年前に訪れて、もう一度行きたいと思ってた。 https://blogs.yahoo.co.jp/akizo_da/8746744.html

宮崎県は九州内でも遠いイメージがあって(宮崎県民の方々 スミマセン!)、そう訪れる機会もないだろうから、宮崎集中ツアーにしたい(した)との事。ジゴツウチダナ。。。
往復の移動手段と宿は押さえたらしい。
だからツアープランを考えろって。

出発日の朝
イメージ 1
で不安定な模様。

今回の移動は新幹線
イメージ 2
久し振りに山陽新幹線に乗るなぁ。。。 それも ひかり やし。
東海道新幹線と違い、山陽新幹線は結構お安い運賃プランがある。(東海道新幹線って黙ってても売れるから、安くなんてしてないよなぁ。。。)
この便は連休のせいか、満席だったけど。

7野口で博多まで。
イメージ 3
新幹線 博多駅はかなり久し振り。
地下鉄に乗り換えて、福岡空港駅まで。
イメージ 4
福岡空港駅まで移動したのは
イメージ 5
レンタカーを借りてきた愚息と合流するため。
博多駅だと周囲が渋滞して時間が読めんからだって。

とっとと九州道に乗る。
イメージ 6
レンタカーはマーチ
イメージ 7
安く借りて来ただけの事はあって、ボロボロやわ。
まぁ走ればええけどねぇ。。。

この日のメインアクティビティの運航・混雑状況を電話で聞いてみると
「もう2時間待ちとなっています。早めに打ち切りとなる可能性があります。」だって。
この時点で11時。 兎に角 昼ご飯抜きで現地に向かう。
イメージ 8
トイレ休憩以外はノンストップ。
イメージ 9
13:45 現地着 
もう受付終了だと。 何でも13時半に終了したんだとさ。
どうも朝から並んでないと間に合わないみたい。 もうええわ。

腹減ったから 道の駅高千穂 へ。
ここなら無駄な駐車代要らんしね。
イメージ 10
とっとと食べられるメニューより
イメージ 11
チキン南蛮カレー
宮崎と言えば チキン南蛮 でしょー(笑) @950円
普通のカレーだった。
と言うと不味かった様に聞こえるが、そうではなく普通に旨いカレーとチキン南蛮だった。(ココはムネ肉かな?)

チーズまんじゅう も宮崎名物のようだ。
イメージ 12
1コ いっとこう。
イメージ 13
外がカリッとしてて中がチーズクリーム。 なかなかでんな。
この日の宿は早めのチェックインにしておいたそうなので、クルマを置いて観光に出掛ける事に。
イメージ 14
高千穂神社まで徒歩5分程度の宿
イメージ 15
旅館 大和屋
今回の宿は 旅館 だそう。
イメージ 16
部屋はまぁ広い。 隣部屋の音は聞こえやすい感じかな。
イメージ 17
チェックインしてクルマ停めて荷物置いて さぁお出掛け。
テクテク歩いて高千穂神社前交差点。
イメージ 18
高千穂神社前からシャトルバスが運行してる
イメージ 19
@100円とリーズナブル。
高千穂と言えばコレが有名。 真名井の滝
イメージ 20

イメージ 21
この手漕ぎボートがこの日のメインアクティビティだった。。。
このボート 予約不可 なので朝から並ばんと乗れない。
受け付けは16時半までだが、この日は13時半に終了。 縁が無いんやろ~

ボートに乗れなくてもこの風景は良い。
イメージ 22
神秘的な渓谷風景が続く。 神話の国だなぁ。
空だけど蒸し暑く、汗だくになった。
明るい内に 高千穂神社 に寄ってみる。
イメージ 23
ここで夜神楽の一部 高千穂神楽 が21時から行われる。
イメージ 24
広いから十分入れるだろう。
旅館前には酒屋が2軒あるので、地酒を調達して晩御飯へ。
イメージ 25
今回 旅館にたのは「料理」をメインにしたらしい。
イメージ 26
今年の鮎OFFは参加出来そうにない。。。
イメージ 27
毎年 鮎の祟りにあう と言いつつ鮎食べ放題に参加して来たけど。。。
この鮎はふっくらとして骨まで食べられた。 旨かった。
カツオのたたき
イメージ 28
調達した地酒
イメージ 29
米も水も高千穂産の拘り。
酒蔵はとなりの延岡にしかなく、焼酎蔵で醸造した日本酒。
これ さっぱりしてて旨い。
鶏の炭火焼き
イメージ 30
これも宮崎名物だな。
野菜の天麩羅
イメージ 31
塩で頂く。 酒に合うわな~
高千穂牛のステーキ
イメージ 32
さっと焼いて
イメージ 33
旨~い
イメージ 34
サシ加減も良くて柔らか~い。
もういっちょ どぶろく
イメージ 35
このどぶろく 全く臭みなど無く、とろ~りと辛口。
とろろとチーズ きのこと豚肉の陶板焼き
イメージ 36
ボリューミーで旨い。
椀物
イメージ 37
古代米(赤米)とだごじる
イメージ 38
茶碗蒸し、香の物とかもあったが腹キンキン。
デザートがヨーグルトだったのは笑ったが、入らんわ~

キンキン腹抱えて高千穂神楽(夜神楽の一部)へ。
イメージ 39
会場も広かったし 座敷だし そんなに観光客居ないだろうけど、早めに行っとくか~ で行ってみると



満席状態。。。
イメージ 40
この高千穂神楽をツアーにしているプランもあるらしい。
高千穂神社から距離のある宿からは送迎バスも出てた。

21時になり、高千穂神楽の由縁などなどの説明を聞き
イメージ 41
実際の 夜神楽 は夜通し踊り続けられる神事だそう。
高千穂神楽はその一部 天岩戸の前後と 日本を創った伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いさなみのみこと)の一部 1時間の神楽を愉しんだ
イメージ 42
国創りと言えば「淡路島」だから、九州から近畿に古代の神々が移動して来たのだろうか。
西日本は神話の地が多いな~ と感じつつこの日はお開き。