外に出よ~っと!

Yahooブログの閉鎖に伴い引越してきました。

奥多摩へ 初訪問

前日 週末に多摩地区に行ってみようかと と話してると、ずっと混んでて最後の方だけ気持ち良い道になる  との情報。
○oogleMAPでルートを調べてみると、確かに東京を縦断するルートになるな。
距離は100km未満なのに到達時間が3.5時間。
まぁ原2だらか渋滞突破し易いなか?

何でもお江戸はもう梅雨明けだって。
イメージ 1
観測史上初の6月梅雨明けとの事。
異常気象なのか、気象変動期なのか 素人の家人に分る訳ないわな。

こっちでも出遅れシンドローム再発。
イメージ 2
ちょっと二日酔い気味かな?(前の日呑んでて花電車で別宅帰還
んー 仕方ない。。。
イメージ 3
お陽さんが暑い。

青梅街道 杉並区
イメージ 4
1時間近く掛かって、やっとこの辺まで。
銀行寄りに遠回りしたけど。

道幅が狭く無理矢理4レーンにしてるので、トラックやダンプ、バスとか大型車は並走できない。
随所で右折車両があると、左レーンに回避する車両で停滞発生。
道幅狭いんで、○り抜けも困難。(危ないしね)

やっと快走路へ。
イメージ 5
二輪パンダさんも張ってたので、走行注意。

お昼に予定していた店。
イメージ 6
「しばらくお休みします」との張り紙。マイッタ。。。
こんなこともあろうかと、もう一店近くで調べておいた。
イメージ 7
ます釣り場の軽食喫茶。
写真が無い理由は、テンション下がってしもたから。

こちらはセルフサービスの店舗。
「先に席を確保してから注文して下さい。」 と文章にすると極普通の内容だが、言い方がつっけんどん。
関西人には、お江戸の話し方に違和感があるのだが、確保できた席は屋外テラス席で暑い。
それは仕方ないとして、席確保後注文に行ったら「注文はちょっと待って下さい。」 と盛り付けに専念してる。
この時点でちょいイラ。
地元じゃ注文を聞いてから、時間が掛かるけど。。。と説明になる。
やっと注文すると番号札を渡された。

番号呼出しは店内に響き渡らない程度の声に聴こえた。
屋外席だから、店内に居ないと聴こえんだろな。。。と思い、立ったまま待って居ると 「帽子忘れたお客さんが居る。」と店員さん。
あ それワタシの席確保している帽子なんですけど。
「あぁ お客さんのだったんですね。お戻ししておきますが、お席でお待ち下さい。」
いや 呼び出しが外では聴こえないので。
「外にはスピーカーで呼出し放送してますので、大丈夫ですよ。」

文章にすると、何の問題も無いやり取り。
田舎モンの家人には、「邪魔だから席に居て。」に思えちゃった。
商売人の街と言われた大阪生まれの家人。
梅田界隈や心斎橋・難波地区じゃ、つっけんどんな店舗も多くなったと思うけど。。。

聴く方の家人ベース根性が「田舎モン」「おっさん」「しょぼぞう」なもんだからなぁ。。。
イメージ 8
タープ下だけど暑いで。
タイチキンカレー
イメージ 9
@800円
スパイシーなカレーでご飯はサフラン
お店擁護じゃないが、味は良かった。ボリュームもちゃんとあって、足りないとは思わなかった。

勝手に気分を害したまま退店。
もちろん文句なんて一切言ってない。 と言うか そんな根性「ゼロ」だし、単なるいちゃもんだし。。。
もう復路に就こうかと思ったが、折角奥多摩まで来たんだから観光も。
イメージ 10
細い山道に。 田舎モンには慣れた道。(笑)
クルマは駐車場待ちで止められてたけど、バイクはすんなり通してくれた。
イメージ 11
軽く日陰で助かるわ。
訪れたのは 日原鍾乳洞
イメージ 12
何でもかなり大きな鍾乳洞らしい。
イメージ 13
入場料700円
イメージ 14
まぁ 折角だから。
由来掲示もざっと見て
イメージ 15
鍾乳洞入口へ
イメージ 16
冷気が吹き出してる。 あぁ気持ち良いぞ。
天井が低い所や、冷たい水滴が落ちて来る所もあり、ちょっと鄙びた観光鍾乳洞感。
イメージ 17
Tシャツ一枚だと肌寒いくらい空気が冷えてる。
観光可能な一番奥。
イメージ 18
奥は空間が広がっていて、ライトアップされてる。
なかなか良い雰囲気。
イメージ 19
空間の高さが判るだろうか?
銀山と違い自然の空間。(一部人の手が入っているけど。)
イメージ 20
気温11℃ 湿度90%オーバーと地下世界感たっぷり。
急な階段もあり、幼児や体の不自由な方にはちょっと辛いかも。
イメージ 21
小さいお子さん連れのお父さんが、抱っこしてヒィヒィ言ってたわ。
汗は引いたけど、脚は疲れたわ。(笑)
確かに大きな鍾乳洞で見応えあった。ちょっと気分回復。

疲れた脚を休めに、調べておいたカフェへ。
イメージ 22
ちょっと入り組んだ場所にある。
この店舗入口だと気付かず過ぎるんじゃない?

バイクは軒下に置ける。
イメージ 23
チャリンコ用のスタンド(?)もある。
店舗外観
イメージ 24
カフェインディゴブルー
古民家カフェ
イメージ 25
オール座敷。
縁側席に。
イメージ 26
このお店 クーラーは入ってない。 扇風機の風だけ。
ちょっと暑いけど、良い雰囲気。
縁側からの風景が良いんでパノラマで。
イメージ 27
逆に狭く感じちゃうかな?
目の前が開けてて、遠くの山がよく見える。
何だか馴染みのある風景だなぁ。(笑)

ソフトジェラート(わさび)とアイスコーヒー。
イメージ 28
器も店舗雰囲気にマッチしてるわ。
セットで950円。
店内はBGMなど流れていない。 風の音、鳥の声が良い。 (蜂の羽音もあるけど
その辺もどっかの山ン中のカフェと似てるわな。(笑)
あっこはタマに読経が聞こえるが。

小さな団扇を貰った。
イメージ 29
スイーツボリュームはもう少し欲しいが、アイスコーヒーは旨かった。
何より 接客が◎
今年の4月にオープンしたとの事。 それまでは蕎麦屋さんだったらしい。
こりゃ気に入ったわ。
爆音バイクやクルマが来ると荒れそうだな。。。
それに店内で大声でお下品な会話をするメンバーも来て欲しくないな。
 ぢゃ家人達 行けないやんかいさ。
昼ご飯で思った「来るんじゃなかった感」は、鍾乳洞とこの店で払拭。

良い気分で復路に。
イメージ 30
復路も郊外はいいが、都心地は渋滞よりも信号が多くて。。。
都心住まいは何かと便利だけど、バイク・クルマでお出掛けが不便。
我が家の様に郊外(いや里山だな。。。)だと、直ぐに快走路になるので愉しいけど。
ツーリング好きは郊外に住む方が良いのかな?

いつもの様に買い物して別宅帰還。
独り住まいだからしゃーない。 そろそろ慣れなきゃ。。。

近所のスーパー○IFEで見つけて即買い。
イメージ 31
この豆腐 とろっとしてて好み。
自宅じゃよく食べてたんだけど、お江戸じゃ見掛けなかった。
冷ややっこでいっとこう。