外に出よ~っと!

Yahooブログの閉鎖に伴い引越してきました。

アドレスV125S 別宅でOIL交換

東京赴任になる前にOIL交換して、1年間すっかり忘れてた。
こうやってリンク貼ってるが、Yahooブログの終了と共にリンクは切れる。

情報発信ではなくWebアルバムとして綴ってきたが、これが結構役立ってる。
このメンテナンスネタも、メンテ時に過去データの閲覧や保守部品調達時の基礎データ確認とか。
ブログ移行したらリンク貼り直さないとあかんな。
まぁぼちぼちやったらええんやろ。

暖かくなったこの休日。
1年間放ったらかしやったOIL交換を行う事に。

自治体によっては燃えるゴミで廃油を出せない可能性がある。
別宅の自治体を調べると、布や紙に染み込ませた廃油は燃えるゴミで出せるって事が判明。
ならばセルフメンテ出来るから、前の休日に別宅近くの○ーナンにスズキ純正OILと廃油パックを調達してた。
肌寒かったから、暖かくなったらやろうと置いといたという訳。

前日はええ天気やったけど、この日は薄な感じ。
イメージ 1
前日よりもポカポカ陽気だわ。 ちょっと湿度があるんかいな?

別宅の部屋掃除(といってもワンルームやけどね)して、スパゲッティ茹でて簡単な昼ご飯。
それからクリーニングからシミが取れずに返却されたスーツのパンツのセルフ染み抜きを。
シミが落ちない というよりも、普通のクリーニングで取れない汚れは「生地が痛む」との理由で返却される事が多い。
ヘタにシミ取りして生地を傷めたりするリスク回避やな。
「これ以上シミ抜きしたい場合は、別途シミ抜き発注して」って書いてあった。
ちょっとググるとセルフシミ抜きの方法なんて一杯出て来る。
以下の情報は自己責任でって事で公開。

NETにシミ抜き洗剤の作り方が出てた。
それによると
「酸素系漂白剤小さじ3・重曹小さじ1・中性洗剤(食器洗剤とか)3滴」
これが黄金レシピだそうだ。
市販のシミ抜き剤は、作り置き品なので効きがイマイチなんだって。
水の量が出てなかったが、上記レシピを使い捨てのプラコップに入れて水100cc程を入れる。
混ぜすぎると反応が進んでしまうとの事だったので、5回くらいスプーンで混ぜた。
すると じわじわと泡立ってきて、反応している事が分る。
このシミ抜き剤を歯ブラシに付けて、シミの裏にタオルを当てがって軽く擦る。
シミが膝下のあちこちに飛び散ってるので、1ヶ所づつ繰り返す。
これだけじゃ取れてるか否か判らない。
漂白剤なので風呂場でシャワーを掛けて洗い流し、握るように軽く絞って干しといた。

お!シミが無くなってるやんか。
ライディングジャケットもクリーニングで取れない汚れはセルフで洗ってたからな。
また一つライフレベルが上がったやんかいな。

んじゃ次は家人の紅い専用機のメンテを。
イメージ 2
1年間で5000kmちょっとしか走ってない訳やね。
自宅にゃVERSYSにC70もあり、行ったり来たりしてるんやから まぁ走ってる方かな?

OILとポイパック
イメージ 3
別宅じゃ新聞取ってない。 区報を新聞代りに置いといたので使えるわ。
ポイパックのデザインが白から段ボール色(?)に変わった。

このドレンボルトが14mmで、持ってきた工具に無かったから
イメージ 4
この前調達した工具で
イメージ 5
ボックスレンチはクビが振れないし、延長パーツは短めだし。。。
安かったから仕方ないけどね。

ピントが合わなかったわ。(笑)
イメージ 6
かなり黒くなってる「気」がするけど、「気のせい」とも思えるわ。ドッチヤネン
イメージ 7
新しいOILをゲージで計りつつ規定量入れて終了。
この日は走って無いからOIL交換の効果が分らんが、だいたい交換した後は高回転時のエンジン振動が減り、滑らかに回るようになる。
今度の休みにでも走ってみよう。天気が良かったら。

さぁ 晩ご飯の食材買い出し その他生活消耗品調達に 家人の白いモビルマシン で出掛けよう。
(何故かちょっと侘しいんだな。これが。