外に出よ~っと!

Yahooブログの閉鎖に伴い引越してきました。

2018年 黒川里山まつり

昨日は怒りのクルマ復旧調査・調整。
こんな為に限度のある帰阪権利を もう何回使わされただろうか。 マジハラタツワ。
この日は本来の帰阪してのリフレッシュ目的に。
イメージ 1
川西市HPより
イメージ 2
里山プロジェクトの一環かな?
何でも 日本一の里山 らしい。

元々アウトドアが好きなアレルギー体質の家人。
朝から電車移動。
イメージ 3
能勢電 妙見口駅からバス停への移動。
ハイ。 田舎です。ジュウミンノミナサマ ゴメンナサイ。
ここは大阪府です。

無料循環バスが30分毎に走る。
イメージ 4
始発便に乗車。
10分程で知明湖(一庫ダムの北側)キャンプ場 黒川里山まつり会場に到着。
イメージ 5
向いはダリヤ園。
イメージ 6
入園有料。 フェンス外からで十分。(笑)
里山はこれからが紅葉シーズンだな。
イメージ 7
9時半過ぎ 外気温16℃
イメージ 8
風が吹くとちょっと肌寒く感じるかな?
オープンしたばかりのまつり会場。
イメージ 9
続々と人が来てる。
女川町から焼き秋刀魚の無料配布があり、整理券待ち行列に並ぶ。
行列に並んでいる間に
イメージ 10
栗おこわ @350円
出来立てホカホカ いい塩梅で旨い。

ジビエ(鹿)の洋風おでん
イメージ 11
@500円 一番客だったそうで、つみれ一串サービスしてくれた。
臭みも無く旨いわ。
スモークベーコンとスモークうずらの玉子(写ってないな)
イメージ 12
下には小さくカットされたスモークチーズとナッツ類。 @200円
これには外せないモノがあるな。
そうこうしてると整理券を配り出した。
イメージ 13
85・86番目だそうだ。
イメージ 14
んじゃ 外せないモノを調達に。
箕面ビールの限定地ビール
イメージ 15
ヴァイツェン @500円
桃の香りがするさっぱりしたタイプ。

(京都)一乗寺ブルワリー
イメージ 16
デストロイ・エンジェル @500円
ホップが効いたガツンと来るビール これ旨い。 アルコール6.5%と高め。
電車・バスで来たのはこのため。

ご近所のイタリア家庭料理店 たかのつめ が出店。
イメージ 17
とりもものロースト @500円 パリッとローストされてて旨い。
これ見てたら涎出て来た。
イメージ 18
ラザニア @500円 チーズ・ソースたっぷりで旨い。
ちょっと会場をボラボラ。
イメージ 19
人は多いが、食フェス程混んでなくボラボラするには丁度良い。
会場放送で秋刀魚の順番待ち番号呼び出しが掛った。
大変ですな。 煙いし熱いでしょう。
イメージ 20
焼け具合は複数人で確認してる。 無料配布でもちゃんとしてるんだ。
イメージ 21
炭焼き秋刀魚 旨いわ。 良いまつりだな。
ちょくちょく行く沖縄居酒屋 わいるどふぁーむ も出店。
イメージ 22
沖縄そば @380円 汁物でホッと一息。
次のイベントにはバスで移動。
イメージ 23
駐車場待ちの行列が出来てる。
無料循環バスに乗って 妙見の森ケーブルへ。
イメージ 24
このケーブルに乗るの ご幼少の砌以来。(笑)
イメージ 25
クルマかバイクでしか妙見山に上がらんからな。
こんなに急だったんだ。
イメージ 26
予約しておいたイベント。 妙見の森広場で受付。
イメージ 27
面白そうって事で。
こんなシールを胸にペタリ。
イメージ 28
山小屋に移動すると手作り感満載の施設。
イメージ 29
予約受付を間違えて居たみたいで、いきなりピサから。(笑)
イメージ 30
ダッチオーブンで焼いてる。 オートキャンプ華盛時を思い出すなぁ。
生地は市販品だけど、ああやって焼いてると旨いねぇ~
イメージ 31
トッピングの椎茸はこの会で栽培してるんだって。
パーコレーターで淹れたコーヒー
イメージ 32
懐かしい味だな~ パーコで淹れると粉が漏れて、コーヒーの薫りがちょっと飛ぶ。(笑)
けどそれが旨いんよ。 最近 キャンプしてないな。。。タンシンフニンデソレドコロジャ。。。
このドラム缶で作っているのは
イメージ 33
焼き芋
イメージ 34
蜜タイプの芋じゃないけど、ホクホク・熱々で腹一杯になった。
腹一杯後には ウッドバーニング。
イメージ 35
木に半田鏝の細いヤツで焼きを入れて絵を描くらしい。
やってみた。
イメージ 36
このBLOGタイトルにしてみた。
あ マーク忘れてた。 絵心は無いからしょうがない。
そして里山を案内して貰った。 紅葉がキレイだ。
イメージ 37
里山の現状、市の重要文化財、鹿の大量繁殖で草木が軒並み食べられてしまっているなど、色々説明して貰った。
人の手が入って 里山 だから。
里山を守る会に勧誘されたけど、杉・檜・ブタクサ・稲アレルギー体質の家人には無理かな?

ケーブルから妙見口までテクテク歩いて。
イメージ 38
自宅から1時間以内に行ける里山。 自宅からちょっと走ると山道。 この距離感がええんよ~
お江戸は街中を脱出するだけで疲れるわ。。。
ハイ。 田舎モンでんねん。


話は全く変わるが、ブランド物にじぇんじぇん興味を持たない家人。
ブランド物って高くて。。。
同じおじぇじぇを使うなら、同じ様な機能・性能、それなりの品質でより安価なモノを。
はい。 ボンビーリーマンですので 何か?

そんな家人がブランド物を遂に調達。
コーチの財布























イメージ 39
どーだ。 トイウオチデス。。。
「高知の財布」 
これかなりの人気で、クラウドファンディングから一般販売化されたが、スグに売り切れるみたい。
家人の先祖は高知出身。 ワタシは生まれも育ちも大阪ですねんけど。
こりゃ持っとかんとあかんやろ。

このネタ 分かるかな~ ワカンネェダロウナァ って古いわ。